看護師の求人・転職│新人研修をめぐる問題点と対処法

看護師求人の現状 - 入職後の新人研修について



勤務先によって新人研修の充実度というのは大きく違います。中には、何ヶ月もかけてしっかり新人研修を行ってくれるところもあれば、新人研修といったものが全くない勤務先もあるのです。

看護師として何年もやってきた人であれば、例え転職先の病院で新人研修がなくてもなんとかなるかもしれません。ですが、まだまだ経験が少ないという人の場合、新人研修が充実しているところを選んだほうがいいでしょう。

まず、あまりにも人手が足りなさそうなところに応募をしてしまった場合、指導者がいないために新人研修ができない場合もあります。中には、一応研修のようなことは行ってくれるものの、1度教えられただけでほとんどの仕事を覚えなければならないようなところもあるのです。

だからといって、看護師の仕事は失敗が許されるような仕事ではありませんよね。仕事が忙しすぎて分からないことがあっても聞くなというオーラを出されてしまうようなところでは、分からないことがあってもなかなか質問することができず、それがミスに繋がってしまうことも考えられます。

当然、このような環境の中で働くとなるとどうしてもストレスを感じてしまうことでしょう。すぐに新人研修が整った病院に准看護師が転職するという手もありますが、今の職場でがんばりたいと思っているのならば、いくつか打開策を考えてみましょう。もしも何度も質問ができないような状況にあるのならば、何度も質問をしないように仕事を覚える必要がありますよね。

そこで実践したいのが、教わったことはしっかりメモを取るということです。その場でメモを取るのが難しい場合は、休憩時間にしっかりまとめておきましょう。あとは分からないことを書いた部分を何度も見直せば、仕事を覚えることにも繋がります。

それから、メモをとっても分からなかったことは他の先輩に聞くのもいいでしょう。確かに新人研修が充実していない職場で働くのは大変なことですが、努力次第で状況を改善できる可能性も高いです。

看護師を目指す理由を考える

看護師になるための努力をしている人の中には、自分が本当に看護師になりたいのかどうかわからないという人もいます。よく聞くのが、進路について悩んでいたところ、親や友人から看護師を進められたというケースです。

看護師について多くの人が持っているイメージは、就職がしやすい、転職活動が難しくないということに加え、給料が良い、高齢になっても続けられるということが挙げられるようです。確かに、これらはどれも間違った認識ではありません。就職や転職活動のしやすさというのは、看護師として働く大きな魅力だと言えるでしょう。

しかし、ただ単に就職しやすい、給料が良いという理由で看護師を目指してしまった場合、途中で挫折してしまう人もいます。なぜなら、看護師になるというのはとても難しいことだからです。

勉強をする時間もたくさん取らなければなりませんし、レポートの提出も多いです。遊びを我慢して勉強をしなければならない場面もあります。また、最終的には国家試験に合格する必要があるので、国家試験合格のための勉強にも力を入れる必要があります。

こういった過程の中で、中途半端な目標で看護師を目指してしまった人は挫折してしまうことが多いのです。もちろん、給料がいいからという理由で看護師を目指し、患者さんから頼られる看護師になっている人もいます。

ですが、看護師という仕事は人の命に携わる仕事だということを理解しておきましょう。何らかの目標がある場合は別ですが、嫌々看護師を目指すというのはおすすめできません。

看護師という仕事は、実際に就職をして働き始めてからもいろいろと学ばなければならないことが多い職業でもあります。目標や意志を持つことができないままで看護師になってしまうと、就職後に躓いてしまうことも十分に考えられるのです。

また、本当は看護師になんてなりたくなかったと思っている人に担当される患者さんもかわいそうです。看護師を目指そうかどうか迷っている人は、もう1度よく考えてみましょう。

↑ PAGE TOP